山口大学農学部
山口大学農学部ホームページ
農学部獣医学科
山口大学農学部獣医学科セミナー案内

ホームページに関する
お問い合わせ先
yuvm(a)yamaguchi-u.ac.jp
(a)は@です

LastUpdate 12/03/19
Since 05/02/01


獣医学科関連セミナーのご案内 獣医学科TOPへ

獣医学科が主催・協賛するセミナー等のお知らせです

 ・獣医学科特別セミナー
 ・獣医学セミナー
 ・CPC(臨床例総合検討会)

 ・農学部特別セミナー
 ・その他の関連セミナー

 



獣医学科特別セミナー

本セミナーは,山口大学獣医学科学生が学外研究者の先端研究に触れることで、獣医師の社会的責務、国際性の涵養、学術的研究の醍醐味と必要性を考える場となることを期待して開催しています。是非とも,さまざまな分野の研究者の講演を聞くことで、視野を広げ、卒業後の進路についても真剣に考える機会となればと期待しています。(参加自由)


第8回 (平成24年2月16日16:00〜17:30)  
  中馬新一郎 先生(京都大学再生医科学研究所)
  「生殖系列サイクルにおける ゲノム情報の継承と再編」
会場: 連合獣医棟4階大講義室


これまでの獣医学セミナー
開催日
講師(所属)
タイトル
第8回
2012.2.16
中馬新一郎 先生(京都大学再生医科学研究所) 生殖系列サイクルにおける ゲノム情報の継承と再編
第7回
2011.12.16
笹川千尋 先生(東京大学医科学研究所) 腸管における赤痢菌と自然免疫の攻防
第6回
2011.08.4

講演1:見上 彰 先生(前内閣府食品安全委員会委員長)

講演2:木村 享 先生(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター)

「食品の安全と獣医学 〜食品安全委員会における獣医師〜」

 「「MHC class I を介したウマヘルペスウイルス1型 の細胞内侵入機構」

第5回
2011.07.14
宇根有美 先生(麻布大学獣医学部 病理学研究室) たかがカエル、されどカエル −両生類の新興感染症としてのカエルツボカビのその後−

第4回
2011.02.10

講演1:吉川泰弘先生(北里大学)
講演2:北嶋聡先生(国立医薬品食品衛生研究所)
「One World, One Health」 ポスター

「毒性学研究の最先端」
第3回
201010.9
大槻公一先生(京都産業大学) 新型インフルエンザウイルスと鳥インフルエンザウイルス 要旨
第2回
2010.8.9
荻原直道先生 (慶應義塾大学理工学部機械工学科) ニホンザル二足歩行運動のモデリングとシミュレーション
第1回
2010.8.6
眞鍋 昇先生(東京大学大学院 農学生命科学研究科) 生理的細胞死の制御におけるアポトーシス阻害因子の役割
▲このページの上部へ


 



獣医学セミナー(ピアレビュー)

獣医学セミナーは獣医学科教員のピアレビュー(相互評価)とともに、学生の皆様へ教員の研究内容を紹介する事を目的としています。自由な質疑応答の時間もありますので、多くの院生・学生の参加をお待ちしています。基本的に毎月第3水曜日夕方からの開催予定です。
☆実施予定表はこちらをご覧下さい(2012年1月4日掲載)


第33回 獣医学セミナーの案内 
講師:山本芳実先生(獣医生化学)
演題:新規プロテアーゼインヒビターの 構造と機能
日時:4月18日(水)午後5時から
場所:連合獣医棟4F大講義室
連絡先:水野(5894) ,下島(5888)


これまでの獣医学セミナー
開催日
担当教員
タイトル
第33回
2012.4.18

山本 芳実
(獣医生化学)

新規プロテアーゼインヒビターの 構造と機能
第32回
2012.2.22

:黄 鴻堅
(副学長補佐)

ウシの流産とネオスポラ症
第31回
2012.1.18

岩田 祐之
(獣医衛生学)

急性期蛋白の「糖鎖科学の新展開」ー基礎から応用・臨床へ向けて
第30回
2011.11.16

前田 健
(獣医微生物)

新興感染症の発生の予測に向けて
第29回
2011.10.26

角川 博哉
(獣医繁殖)

意外な日本のウシの話
第28回
2011.09.30

谷 健二
(獣医外科)

自家細胞を用いた再生獣医療
第27回
2011.07.20

西垣 一男
(感染免疫)

ツシマヤマネコの保護活動に ついての取り組み
第26回
2011.06.15

森 大志
(生体システム)

歩行の脳研究
第25回
2011.05.24

田浦保穂
(獣医外科)

黒毛和種牛の手根骨関節軟骨病変に関する研究
第24回
2011.04.20

馬場健二
(獣医寄生虫病)

マダニ媒介性病原体と薬剤耐性マダニ の疫学
第23回
2011.03.15

度会雅久
(連合獣医学研究科)

細菌感染と流産
第22回
201121.17

和田直己
(獣医生体システム学)

系統発生とlocomotion
第21回
2011.1.19

佐藤宏
(獣医寄生虫病)

トリパノソーマの種多様性と種診断
第20回
2010.12.22

奥田優
(獣医内科)

遺伝子の病気としての癌
第19回
2010.11.24
林俊春
(獣医病理)
喘息と血管病(変)
第18回
2010.10.20
加藤大智
( 獣医衛生)
ハエの唾液、カメムシの唾液
第17回
2010.9.22
水野拓也
( 獣医内科)
細胞接着分子Pセレクチン糖蛋白質リガンド-1 (PSGL-1) の新しい機能について
第16回
2006.6.28
音井威重
( 連合獣医)
犬猫における発生工学
第15回
2006.5.31
加藤大智
(衛生)
リーシュマニア症の疫学調査研究とワクチン開発研究
第14回
2005.11.30
利部 聰
(放射線)
ラットの過剰排卵処理
第13回
2005.11.30
中尾敏彦
(家畜繁殖)
泌乳能力向上に伴う乳牛の生殖機能の変化とそのメカニズム
第12回
2005.6.22
林 俊春
(家畜病理)
「CD25+ T 細胞はループス病態発現を抑制している」
第11回
2005.5.25
岩田裕之
(家畜衛生)
「急性期糖蛋白の糖鎖修飾変動とその意義:α1酸性糖蛋白について」
第10回
2005.4.27
本道 栄一
(家畜解剖)
「胚着床の分子機構」
第9回
2005.1.2.26
早崎 峯夫
(家畜病院)
「犬糸状虫の生き残り戦略」
第8回
2004.12.22
和田 直己
(家畜生理)
「脊椎動物のlocomotionにおける体幹の神経制御に関する研究」
第7回
2004.11.24
那須 哲之
(家畜薬理)
「カドミウムイオンの腸平滑筋の収縮におよぼす弛緩機構について」
第6回
2004.10.28
田浦 保穂
(家畜外科)
「牛伝達性海綿状脳症(BSE)のMRI生前診断の可能性」
第5回
2004.10.7
木曾 康郎
(家畜解剖)
「妊娠と免疫:生殖戦略としての顆粒リンパ球」
第4回
2004.7.28
甲斐 一成
(家畜微生物)
「頑張れ!ドン亀レトロウイルスPVC-441- 生みの親より愛を込めて」
第3回
2004.6.23
猪熊 壽
(家畜内科)
「空飛ぶマダニ‐マダニとマダニ媒介性疾患の疫学」
第2回
2004.5.26
山本芳実
(獣医放射線)
「プロテアーゼおよびプロテアーゼインヒビター」
第1回
2004.4.28
前田 健
(家畜微生物)
「危険なウイルスを知る」
▲このページの上部へ


 

 

 

 

 



CPC(臨床例総合検討会)

動物医療センターのCPC(Clinico-Pathological-Conference)は、1996年1月からスタート し、医員や獣医学科教員のピアレビュー(相互評価)とともに、学生や学外の皆様へ 総合臨床的な症例検討会の内容を紹介する事を目的としています。自由な質疑応答の 時間もありますので、多くの院生・学生・学外の皆様の参加をお待ちしています。


12月のCPCの開催予定  

日時: H23年12月20日(火) 17:00-18:00 

場所: 山口大学農学部6番教室(農学部4階)
演者: 仲澤 宏 先生(獣医外科線学)
演題: 「吸引性肺炎の治療に好中球エラスターゼ阻害薬を使用した猫の一例」


これまでのCPC
開催日 担当教員 タイトル
第122回
2011.12.20
仲澤 宏
(獣医外科)
吸引性肺炎の治療に好中球エラスターゼ阻害薬を使用した猫の一例
第121回
2011.11.29
田浦 保穗
(獣医外科)
牛馬豚における最近の難治性症例
第120回
2011.10.25
中市 統三
(獣医放射線学)
後躯麻痺を呈した 犬の組織球肉腫の2例
第119回
2011.09.27
馬場 健司
(獣医寄生虫病)
子宮蓄膿症の手術後に溶血性貧血を呈した犬の一例
第118回
2011.6.28
板本 和仁
(獣医臨床診断学)
門脈体循環シャントの6症例
第117回
2011.5.31
谷 健二
(獣医外科)
SRY遺伝子陰性XX雄の表現形に類似した仮性半陰陽雄の犬の1例
第116回
2011.4.26
佐藤宏
(獣医寄生虫病)
ネパールの水牛でみられる住血原虫一分子疫学調査一
第115回
2010.11.30
平岡 博子
(獣医臨床診断学)
人のLymphomatoid Granulomatosis(リンパ球様肉芽腫症)に類似した犬の一例
第114回
2010.10.26
藤田 志歩
(獣医繁殖)
野生大型類人猿の現状と保全
第113回
2010.9.28
水野 拓也
(獣医内科)
異なる原因により2度の汎白血球減少症を呈した犬の一例
第112回
2010.06.29
音井 威重
(獣医繁殖)
プロジェステロン測定による犬の繁殖管理について
第111回
2010.05.25
奥田 優
(獣医内科学)
消化器症状が主訴であった椎間板ヘルニアの犬の一例
第110回
2010.04.27
西垣 一男
(感染免疫)
猫のレトロウイルス感染症
※演者都合により中止
第109回
2009.12.22
田浦 保穗
(獣医外科)
腕の静脈血栓栓塞症はヒトでも希な疾病
第108回
2009.11.24
中市 統三
(獣医放射線学)
腋窩神経叢に由来する悪性神経鞘腫の1例
第107回
2009.10.27
馬場 健司
(獣医寄生虫病)
「エールリヒア症の犬の一例」
第106回
2009.9.29
板本 和仁
(獣医外科)
「乳糜胸の犬の2症例」」
第105回
2009.7.28
谷 健二
(獣医外科)
「雄性仮性半陰陽の犬の1例」
第104回
2009.6.30
佐藤宏
(獣医寄生虫病)
「水辺の寄生虫病−検査依頼(白鳥、サンショウウオ、輸入ヘビ)からの新知見−
第103回
2009.5.26
水野 拓也
(獣医内科)
非定型的な組織球系腫瘍の犬の一例
第102回
2009.2.24
中尾敏彦先生
(獣医繁殖学)
分娩後授精開始期のETとその後のAIの組み合わせによる乳牛の繁殖プログラムの開発
第101回
2008.12.16
早ア 峯尾
(動物医療センター)
世界の獣医大学
第100回
2008.11.25
奥田 優
(獣医内科学)
肝不全を主徴とした犬レプトスピラ症の一例
第99回
2008.10.28
田浦 保穗
(獣医外科)
生前診断したビタミンB1欠乏症の子牛2例
第98回
2008.9.30
藤田 志歩
(獣医繁殖)
「ガボン調査報告〜ゴリラと、人と、時々、獣医〜」
第97回
2008.6.24
板本 和人
(獣医外科)
「エナメル上皮腫が疑われた猫の2症例」
第96回
2008.5.27
谷 健二
(獣医外科)
「骨病変を伴った若齢犬の前縦隔リンパ腫の1例」
第95回
2008.2.26

佐藤宏
(獣医寄生虫病)

「糞線虫症の診断と最近の話題」
第94回
2007.12.18
早崎峰夫
(獣医臨床診断)
「北海道に蔓延している致死的な人畜共通寄生虫病、エキノコックス症について」
第93回
200711.27
水野 拓也
(獣医内科)
「神経内分泌腫瘍のイヌの一例」
第92回
200710.30
音井 威重
(連合獣医)
「黒毛和種牛における1年1産プラス1回採卵をめざした卵胞波解析」
第91回
2007.9.25
前田健
(獣医微生物)
イヌ・ネコのウイルス感染症の最近の知見ーCDV, FIP, FVRを中心に」
第90回
2007.6.26
田浦 保穗
(獣医外科)
バーニーズマウンテン犬の硬口蓋にみられた神経線維腫に対する凍結手術の応用
第89回
2007.5.29
奥田 優
(獣医内科学)
高分化型リンパ腫(low grade lymphomaの一例
第88回
2007.3.27
中市 統三
(獣医放射線学)
結腸に発生した平滑筋腫の1例
第87回
2007.1.30
板本和仁
(獣医外科)
リウマチ関節炎と診断した犬の2例
第86回
2006.11.28
早崎峰夫
(獣医臨床診断)
アトピーはなぜ治りにくいのか
第85回
200610.31
宇根 智
(獣医臨床診断)
脊髄内に認められた神経鞘腫瘍の犬の1例
第84回
2006.9.26
水野 拓也
(家畜内科)
免疫介在性溶血性貧血の3症例
第83回
2006.7.25
田浦 保穗
(家畜外科)
競走馬の疝痛3症例
特別
2006.6.27
Dr. Chieko Azuma
(Tufts University)
Introduction of radiation therapy in cancer care 
第82回
2006.5.30
中尾 敏彦
(家畜臨床繁殖)
牛リピートブリーダーの臨床内分泌
第81回
2006.3.28
中市 統三
(家畜外科学)
犬の脊髄腎芽細胞腫の一例
第80回
2006.2.28
宇根 智
(家畜病院)
胸壁に発生した悪性間葉腫の1例
第79回
2005.11.22
音井 威重
(家畜繁殖)
牛の雌雄産み分け-老化した卵子は雄を好む?
第78回
2005.10.25
板本 和仁
(家畜外科)
退形成髄膜腫の犬の1例
第77回
2005.9.27
早崎 峯夫
(家畜病院)
ミクロフィラリアはなぜ夜に血中に増えるのか
第76回
2005.7.26
田浦 保穗
(家畜外科)
牛の蹄病の診断と治療:趾皮膚炎他
第75回
2005.6.28
奥田 優
(家畜内科)
急性膵炎の犬の2例
第74回
2005.2.22
宇根 智
(家畜外科)
犬の膠芽腫の1症例
第73回
2004.12.2
猪熊 壽
(家畜内科)
抗Babesia gibsoni抗体の臨床的意義
第72回
2004.0.26
中尾 敏彦
(家畜繁殖)
牛における卵巣嚢腫と卵巣腫瘍の多様性
第71回
2004.9.28
早崎 峯夫
(家畜病院)
掻痒症犬におけるアレルギー皮内反応成績
第70回
2004.6.29
中市 統三
(家畜外科)
線維軟骨塞栓症が疑われた犬の1例
第69回
2004.5.25
板本 和仁
(家畜内科)
真菌性肉芽腫のネコの1例
▲このページの上部へ


 

 

 

 

 

 



農学部学術セミナー
獣医学科関連の農学部学術セミナーのご紹介です。
講師:原口友也先生(山口大学連合獣医学研究科) 
演題:イヌの肝胆道系疾患における新規診断法・治療法の検討 詳細
日時:2012年2月28日(火)13:00〜14:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義
問い合わせ先:田浦保穂(内5928)
講師::谷口 雅康 先生(森永酪農販売株式会社) 
演題:エストラジオールとプロジェステロン製剤を用いた発情同期化プログラム 詳細
日時2011年7月13日(水)13:00〜14:00
場所:農学部 第3講義室
問い合わせ先:音井威重(内5904)
講師:渡邊 理恵 先生(東京農工大学大学院動物生命科学部門助教) 
演題:アミノ酸変異がもたらす高病原性: コロナウイルスの例 詳細
日時2011年4月27日(水)15:30〜16:30
場所:農学部 第3講義室
問い合わせ先:岩田祐之(内5899)
講師:水野拓也先生(山口大学農学部獣医学科獣医内科学研究室) 
演題:臨床サンプルを用いた動物の疾患の 病態解明と治療法の開発 詳細
日時2011年4月13日(水)14:00〜15:00
場所:農学部7番教室
問い合わせ先:奥田 優(内5893)
講師:森本將宏先生(山口大学農学部獣医学科獣医病理学研究室) 
演題:Th2免疫反応の解析― 寄生虫を用いたアプロー 詳細
日時2011年3月23日(水)13:00〜14:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
問い合わせ先:林俊春(内5890)
講師:加 納 聖先生(東京大学大学院農学生命科学研究科) 
演題:サイズ・ゲノム・進化 詳細
日時2011年3月2日(水)15:15〜16:15
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
問い合わせ先:木曾 康郎(内5881)
講師:平岡博子先生(山口大学動物医療センター) 
演題:腫瘍抑制遺伝子FHITの変異と犬の腫瘍発生 詳細 要旨
日時2011年3月2日(水)16:15〜17:15
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
問い合わせ先:奥田優(内5893)
講師::清水 隆 先生(久留米大学 基礎感染医学部門) 
演題:マイコプラズマの炎症誘導因子 詳細
日時2014年2月4日(木)13:00〜14:00
場所:連農学部 第3講義室
問い合わせ先:山口大学連合獣医 渡会雅久
講師::伊藤良樹 先生(酪農学園大学 
演題:犬の視覚電気生理学的検査 詳細
日時2010年12月7日(水)14:00〜15:00
場所:連農学部 第6講義室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医放射線学教室 中市統三

講師:仲澤 宏 先生(農学部附属動物医療センター 非常勤獣医師) 
演題: 一酸化窒素(NO)と肺高血圧症 詳細
日時:2010年10月5日(水)13:00〜14:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医外科研究室 田浦保穂

講師::日下部 健 先生(大阪府立大学生命環境科学研究科助教) 
演題:網羅的遺伝子解析からの重要因子の検索ー子宮内膜症と自然流産についてー 詳細
日時:2010年7月7日(水)15:00〜16:00
場所:農学部 第6講義室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医病理学研究室 木曾康郎(5881)

講師:久保正人先生((岐阜大学獣医病理学研究室)  
演題:野生動物の原虫症―病理学的および寄生虫学的な観点から― 詳細
日時:2010年4月14日(水)10:00〜11:00
場所:農学部連獣棟1階会議室(101号)
問い合わせ先:山口大学農学部獣医病理学研究室 林俊春

講師:音井威重先生(山口大学大学院連合獣医学研究科)  
演題:イヌ・ネコ科動物領域における生殖工学 詳細
日時:2010年4月14日(水)11:00〜12:00
場所:農学部連獣棟1階会議室(101号)
問い合わせ先:山口大学農学部獣医外科学研究室 田浦保穂

講師:藤田志保先生(山口大学農学部獣医学科獣医繁殖学研究室)  
演題:Field endocrinology?野生動物のホルモン動態をモニタリングする? 詳細
日時:2010年3月9日(火)13:00〜14:00
場所:連合獣医学研究科1階会議室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医放射線学研究室 山本芳実

講師:板本和仁先生(山口大学農学部獣医学科獣医外科学研究室)  
演題:動物医療における安全な麻酔を目指して 詳細
日時:2010年3月9日(火)14:00〜15:00
場所:連合獣医学研究科1階会議室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医放射線学研究室 中市統三
講師:佐藤宏先生(山口大学農学部獣医学科獣医寄生虫病学研究室)  
演題:野生動物寄生虫調査の今後の研究展望 詳細
日時:2010年2月4日(火)13:00〜14:00
場所:農学部本館7番教室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医衛生学研究室 岩田祐之
講師:下島昌幸先生((東京大学医科学研究所)  
演題:ウイルス受容体の効率のよい同定法 詳細
日時:2010年2月4日(火)14:00〜15:00
場所:農学部本館7番教室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医微生物学研究室 前田健
講師:奥田優先生(山口大学農学部獣医学科獣医内科学研究室)  
演題:発癌機構の分子生物学的解析 詳細
日時:2010年2月4日(火)15:00〜16:00
場所:農学部本館7番教室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医解剖学研究室 木曾康郎
講師:大浜 剛先生  詳細
   (バージニア大学細胞シグナルセンターBrautigan Lab,博士研究員)  
演題:タンパク質脱リン酸化酵素Type 2A Ser/Thr Phosphatase が制御する生体機能と疾患
日時:2009年11月13日(金)16:00〜17:00
場所:連合獣医学研究棟 4階 代講義室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医薬理学研究室 佐藤晃一
講師:平岡博子先生(山口大学農学部獣医学科獣医内科学講座 非常勤研究員)  
演題:犬リンパ系腫瘍細胞株における癌抑制遺伝子FHITの変異  詳細
日時2009年9月1日(火)13:00〜14:00
場所:農学部本館6番教室
問い合わせ先:山口大学農学部獣医放射線学講座 中市
講師:佐藤 晃一 先生(獣医薬理学教室)  
演題:消化管運動の炎症性腸疾患による変化  詳細
日時:2009年4月8日(水)13:00〜14:00
場所:農学部3番教室
講師:前田 健 先生(獣医微生物学教室)  
演題:ウイルスの新たな生態の解明  詳細
日時:2009年2月5日(木)15:00〜16:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
講師:馬場 健司 先生 (京都大学ウイルス研究所付属新興ウイルス感染症研究セン ター) 
演題:RNA干渉を用いたネコ免疫不全ウイルスの複製阻害  詳細
日時:2008年7月1日(火)14:30〜15:30
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
講師:度会 雅久 先生 (帯広畜産大学畜産学部 獣医学科応用獣医学講座) 山口大学吉田キャンパス
連合獣医棟4F大講義室
演題:ブルセラ症の発症機序および診断法に関する研究  詳細
日時:2008年4月8日(火)13:30〜
場所:農学部本館 2階会議室
講師:西垣 一男 先生 (東京医科歯科大学感染応答学講座)  終了
演題:ウィルスの病原性解析〜重症急性呼吸器症候群(SARS)および白血病
日時:2007年7月4日(水)13:30〜14:30
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
講師:利部 聰 先生 (山口大学農学部獣医学科)  終了
演題:卵巣の凍結保存 詳細
日時:2007年4月11日(木)13:00〜14:00
場所:農学部6番講義室
講師:井上 誠 先生 (山口大学農学部獣医学科) 終了
演題:動物腫瘍の癌化・悪性化の機構:サイクリン依存性キナーゼ・インヒビター発現と腫瘍細胞増殖および分化との関連 詳細
日時:2007年3月22日(木)13:00〜14:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
講師:谷 健二 先生 (岩手大学農学部獣医学科) 終了
演題:小動物の脊髄損傷に対する治療の可能性 詳細
日時:2007年3月7日(水)13:00〜14:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室
講師:中市 統三 先生 (山口大学農学部獣医学科) 終了
演題:山口大学動物医療センターにおける犬の鼻腔内腫瘍の治療とその臨床的成果 詳細
日時:2006年11月1日(水)16:00〜17:00
場所:連合獣医学研究棟4階 農学部大講義室

講師:藤田 志歩 先生  終了
     (独立行政法人医薬基盤研究所  霊長類医科学研究センター ) 
演題:野生霊長類メスの生殖生物学的特性:内分泌動態、行動および繁殖パラメータの多様性 要旨
日時:2006年4月11日16:00-17:30

講師:(独)畜産草地研究所 家畜育種繁殖部・繁殖技術研究室 終了
    主任研究員 角川 博哉先生
演題:分娩後乳牛においてエネルギー不足が脂肪組織ホルモン(レプチン)を介して
    性機能を抑制するメカニズム 
日時:2006年2月8日 午前10:30-11:45
場所:連合獣医棟4階大講義室

講師:森本 將弘 先生 (山口大学農学部獣医学科)  終了
演題:感染体に対する宿主のサイトカイン調節機構の解析;レーザーキャプチャーマイクロダイセション(LCM)によるIn situ局所での遺伝子発現の解析
日時:2006年1月11日

講師:佐藤 宏 先生 (弘前大学医学部寄生虫学講座 ) 終了
演題:寄生虫病学から見た外来動物問題 要旨
日時:2005年9月7日

 

 

最終講義
獣医学科教員の最終講義のご案内です。

中尾 敏彦 教授 
 研究分野 獣医繁殖学
 日時 平成22年3月10日(水) 13:00〜14:00
 場所 山口大学 農学部大講義室(連合獣医学研究棟4階)
     (山口市吉田1677-1)
 題目 地球上14億の牛とその繁殖問題を科学する
問い合わせ先 農学部獣医学科繁殖学研究室
  角川博哉 准教授 TEL:083-933-5825

 

 

その他の関連セミナー
獣医学科ならびに教員が主催するセミナーのご紹介です。
厚生労働省特別講義
講師:松岡隆介 氏(厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課) 
演題::公衆衛生行政における獣医師の必要性および活躍の可能性について  詳細
日時2011年11月30日(日)13:00〜14:45
場所:連合獣医棟4階大講義室
講師:滝口満喜先生(北海道大学) 他 
演題:画像診断セミナー「超音波と内視鏡による検査と診断」 詳細
日時2011年10月23日(日)10:00〜17:00
場所:山口大学動物医療センター
株式会社AVS 動物医療企画部 vet-suiren@avs.co.jp
就職関連特別セミナー
日時 平成23年3月4日(金) 16:00-17:30 
場所 山口大学連合獣医学研究棟4階大講義室 ポスター
演題 「開業だけが獣医師のゴールじゃない! ひそかな夢を事業に変える方法」
講師 生田目 康道 氏  (株式会社J P R 代表取締役社長)
日時 平成23年1月17日(月) 16:30-17:30 
場所 山口大学連合獣医学研究棟4階大講義室 ポスター 要旨
演題 Regulation of Interleukin-8 mRNA Stability in Neoplastic Ovarian Cells by Insulin-Like Growth Factor-1
講師 Dr.Jonathan LaMarre , DVM, PhD(Dept of Biomed Sci, Univ of Guelph, Guelph, ON,CANADA)
連絡先 木曾康郎  内線5881
※夕刻より懇親会有り。参加希望は木曾教授まで

日時 平成22年11月7日(日) 10:00-16:30 
場所 山口大学連合獣医学研究棟4階大講義室 
演題 犬の僧帽弁不全症
講師 竹村直行先生(日本獣医生命科学大学 獣医高度医療学教室 教授)
連絡先 奥田優  内線5893

日時 平成22年10月21日(木) 16:00-17:00 
場所 山口大学連合獣医学研究棟4階大講義室 
演題 What benefits ω-3 fatty acids canprovide?
講師 Dr.Towell(マークモーリス研究所)
連絡先 奥田優  内線5893

日時 平成22年9月28日(火) 16:00-17:00 
場所 山口大学連合獣医学研究棟4階大講義室 
演題 Studies on the roles of lymphocytes in circulatory regulation during pregnancy
講師 Dr.B. Anne Croy, DVM, PhD(Dep of Anatomy and Cell Biology, Queen's Univ)
連絡先 木曾康郎  内線5881

日時 平成22年7月12日(日) 13:30-16:45 
PLDDハンズオンセミナー 詳細image
場所:山口大学動物医療センター

実習定員8〜10名、受講定員15〜20名
13:30〜14:30 椎間板ヘルニアの画像診断と病態
           講師:山口大学 動物医療センター谷健二先生
14:30〜15:00 PLDDの基礎と臨床
           講師:狩野動物病院 金井詠一先生
15:10〜16:45 PLDDの実技実習
           講師:狩野動物病院 金井詠一先生

講義実習参加:5250円
講義実習見学:2100円
講義実習:10名
講義実習見学:10名程度

問い合わせ先:山口大学動物医療センター 板本和仁
kaz2356@yamaguchi-u.ac.jp


日時 平成22年6月21日(月) 16:00-17:00 
場所 山口大学農学部7番教室 
タイトル 1. Evaluation of Mastitis Related Measures & their Application to Buffalo
Milk Quality Control in Nepal,2.Veterinary Education in Nepal: Considerations for Improvemen
講師: Dr.I.P Dhakal(ネパール・トリブヴァン大学農畜産学部Campus Chief)
連絡先:獣医学科(獣医寄生虫病学研究室) 佐藤 宏  内線5902

Synthes Plating Seminar in YAMAGUCHI
開催日時 :2010年5月22日(土) 14:00〜17:00
内容 :ロッキングコンプレッションプレートの基本手技
開催場所 :山口大学動物医療センター
受講料金 :学生無料/ワークショップ参加希望の獣医師1万円
講師 :泉澤 康晴 先生(酪農学園大学伴侶動物医療部門)
募集人数 :10名程度
プログラム:
  -AO法の基本概念
 -LCPのコンセプト(原理と応用)
 -ワークショップ(獣医師のみ)
参加申し込み方法
 -メールによる申し込み(5/20まで)
 -メール宛先
 :kaz2356@yamaguchi-u.ac.jp (板本和仁宛)

問い合わせ先
山口大学動物医療センター 獣医臨床診断学研究室
 板本 和仁
 -tel;083-933-5929
 -mail;kaz2356@yamaguchi-u.ac.jp

山口大学動物医療センター 研修獣医師研修事業セミナー  終了
 日時 平成21年11月28日(土) 13:00-18:00
 場所 山口大学農学部連合獣医棟4階大講義室
 タイトル 臨床獣医のための動物行動学
 講師: 麻布大学 伴侶動物学研究室 教授 菊水健史 先生

  連絡先 山口大学農学部獣医内科学教室 水野拓也
      Tel: 083-933-5894
 ※興味のある方はどなたでもお越し下さい。

国際酪農シンポジウムinやまぐち
 演者:中尾 敏彦先生 (山口大学農学部獣医繁殖学教授)
      Rovert Dobson(英国リバプール酪農家),
      Dr. Hilary Doboson(英国リバプール大学獣医学部)
 日時: 2009年8月28日(金) 13:00-17:00
 場所: ホテルニュータナカ
  主催:国際酪農シンポジウムinやまぐち-
 連絡先:山口大学農学部獣医繁殖学教室 中尾敏彦(083-933-5935)
 ※入場料無料,興味のある方はどなたでもお越し下さい。
 

演者: 准教授 イレック・マレッキ博士(西オーストラリア大学自然科学・農業科学学部)  終了
演題: 走鳥類の海外での生産の現状と生殖生物学的特徴など 
日時: 2009年8月4日 15:00-16:00
場所: 連合獣医学研究科棟1階会議室
連絡先: 農学部獣医学科臨床獣医学講座 角川博哉(内線:5825)
【概要】
世界最大の鳥であるダチョウや近縁のエミューといった走鳥類は、世界各地で、新しい家禽として飼育されるようになり、着々と飼育羽数が増えています。日本でも全国各地で飼育されており、特に農業以外の異業種からの新規参入企業が増えているという特徴があります。走鳥類には、牧草などの粗飼料や食品製造副産物などを消化利用できるという特徴があり、また成長が非常に早く、牛肉に似た食感で低脂肪の肉や、高級皮革の材料が得られる事、さらに牛肉などを食することが宗教上許されない国・地域でも優れた動物性蛋白資源になる事、などの産業上のメリットがあり重要視されています。しかしその一方で、繁殖効率の低さや、他の家畜などで実用化されている多くの繁殖技術が未完成のままで、そのために改良が進んでいないといった問題があります。このような現状を打破するために、この分野の世界的な第1人者であるマレッキ博士は来日し、私共と共同研究を実施することになりました。本講演会は、このような機会を利用して、マレッキ博士に走鳥類の海外での生産の現状と生殖生物学をはじめ生物学的な特徴などについて講演していただく事になりました。是非、御参集ください。

演者: 塩満 啓二郎 先生 (ルイジアナ州立大学付属動物病院腫瘍放射線科助教授)
演題: 放射線治療の実際とアップデート 終了
日時: 2009年6月18日 13:30-16:00
場所: 農学部本館4階7番教室

演者: :細井戸 大成 先生 (ネオベッツVRセンター)
演題:動物医療の現状と今後 終了
日時: 2009年6月18日 16:15-17:00
場所: 農学部本館4階7番教室

国際獣医学セミナーの案内 
演題:Making good use of the CBC and hemostasis panels 終了
      〜正確な診断から治療を考える〜
時間:2008年10月7日 13:00-17:00
演者: Dr. Mike Scott ミシガン州立大学・准教授 アメリカ獣医病理専門医
場所: 山口大学吉田キャンパス 連合獣医棟4F大講義室  
言語: 英語 (通訳あり)


▲このページの上部へ



[ 獣医学科TOPへ ]

山口大学農学部 〒753-8515 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5800 Fax: 083-933-5820
このページは山口大学農学部ホームページ委員会が作成し管理しています。 このページへのリンクは自由です。
(C)2005 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.
 
山口大学TOPへ